小児歯科・マタニティ

  • ホーム
  •   >  小児歯科・マタニティ

お子様に“一生健康な歯”をプレゼントしましょう

お子様に“一生健康な歯”をプレゼントしましょう

お子様をお持ちのお父様・お母様が子どもだったころ、歯医者は虫歯ができてから治療を受けに行く場所だったのではないでしょうか。そのため、多くの方が虫歯治療の経験をお持ちのことと思います。しかし近年、歯医者は虫歯ができないよう予防のために行く場所に変わってきています。

戸越駅・戸越公園駅の歯医者「戸越なかやま歯科」の小児歯科では、予防によってお子様の歯を虫歯から守るお手伝いをしています。治療ではなく、予防のために通院させてあげることで、お子様に“一生健康な歯”をプレゼントできるのです。

当院ではキッズスペースをご用意しており、治療を頑張ったごほうびも差し上げています。お子様の予防のための歯科通院、当院で始めませんか?

当院の小児歯科メニュー

歯みがき指導
歯みがき指導
お子様のお口の中は、乳歯が生え、永久歯に生え替わり……と、成長とともに変化していくのが特徴です。そこで、一人ひとりのお子様の成長に適した正しい歯みがきの方法を指導します。ご家族の方には、仕上げみがきのポイントをお教えします。
フッ素塗布
フッ素塗布
フッ素を歯に塗布することで、歯質が強化され虫歯菌への抵抗力を高めることができます。歯の再石灰化も促されるため、ごく初期の虫歯であれば、これによって治癒するケースもあります。
シーラント
シーラント
奥歯にある複雑な溝には汚れがたまりやすいため、虫歯になりやすいのが特徴です。そこであらかじめ、溝をレジン(歯科用プラスチック)で埋める処置「シーラント」を行うことで虫歯予防を図ります。
過剰歯の抜歯
過剰歯の抜歯
通常の本数より多く生えてくる歯を過剰歯といいます。虫歯・歯周病ほかさまざまなトラブルを招きがちなため、多くの場合抜歯を行います。

お子様と一緒に安心して通っていただけます!

当院では、お子様とご家族の方が一緒に安心して通院してだけるよう、次のようなさまざまな取り組みを行っています。

取り組み01キッズスペースをご用意しています

キッズスペースをご用意しています

受付の横に、お子様に自由に遊んでいただけるキッズスペースをご用意していますので、安心してお子様をお連れいただけます。ほかのお子様と、仲よくご利用ください。

取り組み02治療を頑張ったお子様にはごほうびを差し上げます

治療を頑張ったお子様にはごほうびを差し上げます

治療を終えたら、頑張れたごほうびとしてささやかなプレゼントを差し上げます。歯医者へ行く楽しみにしていただければと思います。

取り組み03治療前のトレーニングで、歯医者に慣れることから始めます

治療前のトレーニングで、歯医者に慣れることから始めます

お子様にはいきなり治療を行うことはしません。まずお子様に歯医者の雰囲気に慣れていただくために、丁寧にトレーニングを行っていますので、お子様が不安になることはありません。

取り組み04ご家族の方にもご同席いただけます

ご家族の方にもご同席いただけます

診療室には、ご家族の方にも一緒にお入りいただくことが可能です。お子様のそばで、安心させてあげてください。

妊娠中の方でも歯科治療が受けられます~マタニティ~

妊娠中の方でも歯科治療が受けられます~マタニティ~

「妊娠中に歯科治療は無理」と思っていませんか? そんなことはありません。時期を選べば歯科治療を受けることができます。むしろ妊娠中は妊婦特有の歯肉の炎症などもあり、お口の環境が悪化しがちですので、お口の中を清潔に保つことはとっても大切です。安定期には一度受診することをおすすめします。

妊娠初期(1~4カ月ころ) 妊娠中期(5~8カ月ころ) 妊娠後期(9カ月ころ~)
つわりがあったり、切迫流産のリスクがあったりする時期です。緊急の場合を除いて、治療は控えましょう。 安定期に入り、心身ともに落ち着いた時期です。このころがもっとも歯科治療に適しています。自覚症状がなくても、一度受診しましょう。 いつ陣痛が始まってもおかしくない時期です。このころまでに、治療をすませておきましょう。
妊娠初期(1~4カ月ころ)
つわりがあったり、切迫流産のリスクがあったりする時期です。緊急の場合を除いて、治療は控えましょう。
妊娠中期(5~8カ月ころ)
安定期に入り、心身ともに落ち着いた時期です。このころがもっとも歯科治療に適しています。自覚症状がなくても、一度受診しましょう。
妊娠後期(9カ月ころ~)
いつ陣痛が始まってもおかしくない時期です。このころまでに、治療をすませておきましょう。

お電話にてご予約を受け付けております(03-6426-7508)